製品の安心・安全を守る試験・計測システムのトータルプランナー|アイメック・ソリューションズ

冷熱衝撃試験器

ShockEvent

  • 試験室

    大型および複数試料の試験に最適な 試験室

  • 冷却衝撃試験器

    冷熱衝撃試験器

  • 休息温度変化試験器

    急速温度変化試験器

ヨーロッパ、及び世界の主要な試験規格に対応した
Weiss Technikの試料移動型 冷熱衝撃試験器

熱衝撃試験器 ShockEventシリーズ

欧州の主要自動車メーカーやエレクトロニクス業界に豊富な実績を持つ、世界的なトップメーカー独Weiss Technikの試料移動型冷熱衝撃試験器です。
国際的な熱衝撃試験規格に準拠し、-80℃から+220℃の幅広い試験条件下で試料に急激な温度変化を与え、再現性と精度の高い信頼性試験を提供します。
冷媒には地球温暖化係数(GWP)が従来のR-404Aと比較し約3分の1となるR449Aを採用し、ヨーロッパの新しいFガス規制にも対応。将来にわたり安心してご使用いただけます。
操作パネルなどのインターフェースは完全に日本語化され、分かりやすい操作性とメンテナンス性など高いユーザビリティを備えています。

Weiss Technik とは

Weiss Technikはドイツを拠点とする世界有数の環境シミュレーション機器のソリューションカンパニーです。
1956年にドイツで設立され、現在では世界15カ国40箇所に拠点を置く環境試験機器の世界的なトップブランドです。
その活動分野は自動車業界をはじめ電子機器、航空宇宙業界、製薬業界と幅広く、特に自動車業界に於いてはヨーロッパ及び世界の主要な試験規格に幅広く対応した試験機器のノウハウを持ち、常にイノベーティブな製品をお届けしています。

Weiss Technikの環境試験機器はお客さまの試験環境、研究、開発、生産品質管理を世界基準へと引き上げます。

主要な対応試験規格

  • IEC-60068-2-14 Na
  • MIL-STD 810G method 503.5
  • MIL-STD 883K method 1010.9
  • Severity levels A.B,C,D,F
  • Single chamber operation:
    IEC 60068-2-1, Test A
    JEDEC JESD22-A119
    MIL-STD 810G,Method 502.5
    ESTIEN 300019-2-4, Test Ab/Ad

ShockEventシリーズの主な特長

  • 最大100kgまでの耐荷重*で、大量の試料でも精度の高い試験を処理。
    試験時間の短縮と運用コストを大幅に削減します。(*T/300)
  • ヨーロッパをはじめとする主要な自動車メーカーやエレクトロニクス業界を中心とした国際的な熱衝撃試験規格に準拠し、信頼性の高い試験が可能です。
  • 試料サイズや能力に応じて多彩な機種をラインナップ。
    試験目的に最適なタイプをお選びいただけます。
  • 視認性の高い大型観察窓、測定ケーブルに負荷がかかりにくいアクセスポート、1000サイクル以上のデフロストフリー機能など、多彩なユーザフレンドリー機能を搭載。快適な試験環境を実現いたします。
  • 欧州で既に実施されている温室効果ガス排出規制に対応し、地球温暖化係数(GWP)が従来のE-404Aと比較し、約3分の1となる新冷媒「R449A」を採用
  • さらし時間が長い試験において、試験に使用していない槽を加熱・冷却しないことで無駄な電力の使用を大幅に削減します。 

高品質で堅牢なテストエリア

各試験槽は、気密性が高く高耐食性のステンレス鋼板を採用。また、ドアと試験器本体は特殊なシーリーングで密閉されており、急激な温度変化や長時間にわたる過酷な条件下でも信頼性の高い試験を実現します。

1,000サイクルのデフロストフリー運転

デフロストによる試験の中断が無いので、長時間の試験になるほど大幅に時間を短縮します。

多彩なモデルバリエーション

5種類の基本モデルをご用意。試料サイズや試験目的に応じてお選びください。

試料の落下を防止するメッシュ製試料カゴ

取り外しが可能な試料カゴには落下防止のため、側面にステンレス製のメッシュを取り付けることができます。試験試料はすべて試料カゴ内に収められ、各槽への移動は国際的なテスト基準に準拠し10秒以内に完了します。

アクセスポート

測定ケーブルは、試料カゴに連動したアクセスポートを通じて直接接続されます。
試料カゴの移動中にも曲がりやねじれなどが生じにくく、測定ケーブルへのテンションを下げ、制度の高い試験を保証します。

2つのエリアを独立した試験槽として

高温槽と低温槽は熱衝撃試験としてしようするだけでは無く、いずれかのチャンバを独立した高温槽あるいは低温槽として使用できます。

大型観察窓

全てのモデルで、視認性の高い大型観察窓(W335mm × H355mm)を装備しています。




短い温度復帰時間と均一な温度分布、省エネと低い環境負荷 ShockEventが実現した高性能と環境性能の両立

高度な制御が求められるMIL規格をはじめ、グローバルな試験規格にも余裕を持って対応できる高性能。
地球温暖化係数が従来の1/3となる冷媒「R449A」の採用など、将来へ向けたコンセプトが随所に現れています。

有負荷時でも短い温度復帰時間
有負荷12kgの試料時、MIL-STD 833K 1010.9コンディションDでも15分以内の試料温度復帰性能を実現。

すぐれた温度分布性能
高度に計算され最適化された槽内の空気の流れが、優れた温度分布を保証し、試料に均一な温度ストレスを与えることができます。

1,000サイクルのデフロストフリー運転
全てのモデルに独自の機構を設け、長時間のデフロストフリー運転を可能に。圧縮空気を使わずに試験時間を大幅に短縮しました。

低GWP冷媒「R449A」にもいち早く対応
欧州新Fガス規制で規定された地球温暖化係数(GWP)2500を大きく下回る低GWP冷媒、R449A(GWP値1397)を採用。
期限とされる2030年以降も安心して使用いただけます。

高性能でありながら省エネルギー
省エネモードの使用により大幅な省エネルギーを達成。
同時にCO2の発生も大幅に軽減します。
さらし時間が長い試験においては、試験に使用していない槽を加熱・冷却しないことで無駄な電力の使用を大幅に削減。試験サイクルや試料の種類と量により、最大37%の省エネルギーを達成しています。

高度なプログラム捜査でも使いやすく簡単に 日本語表示のカラーTFTディスプレイ

試験器の全ての操作を、誰にでも分かりやすく簡単に。
シンプル操作の高い作業効率が、無駄な時間とコストを大幅に削減します。

必要な操作を簡単に WEBSeason®

タッチパネル式7インチカラーTITディスプレイは、基本的な設定や試験中の温度表示などをシンプルに集中配置。日本語化された直感的で分かりやすい対話型のインタフェースは、高度なプログラム操作やデータ解析等も簡単な操作で行えます。

試験結果はUSBメモリにCSV形式で保存し、一般的な表計算ソフトで編集することができます。

専用設計で簡単操作のWEBSeason®

  • 洗練された直感的なインタフェース、日本語表示による簡単操作
  • 個別にユーザ権限を割り当てることで、複数のユーザによる同時アクセスを可能にするマルチユーザ機能
  • サイクル試験や試験条件設定の簡単プログラミング
  • チャート形式で見やすいプログラムレビュー
  • スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末、PCからのリモートアクセスも簡単

試験資産を有効管理 S!MPATI®

オプションのデータ管理ソフトウェアS!MPATI®を利用し、試験器と計測結果を一括して分かりやすく文書化・編集が可能。
最大99台までの試験器を管理できます。

試験の窓口フォームはこちら

  • 振動試験機関連
  • 環境試験槽&試験室
  • 特注試験システム